トップイメージ
  1. トップページ
  2. CSR
  3. 人との関わり

人との関わり

活力のある職場を実現するため、さまざまな活動を展開しています。

公平な評価制度

公平な評価面接制度
当社では公平な評価を目指すために総務・事業部・営業でのそれぞれの実績を毎月公表しております。
係長以上については、下記実績表の他に1年毎の論文でも評価しております。

毎月の実績
総務 : 勤怠連絡、体調管理、成果報告
事業部 : 売上、生産性
営業 : 商談発掘、商談受注

半年毎の三点評価
毎年『計数目標・教育目標・自己啓発目標』を実績表と面談により評価を行う


チャレンジ制度
当社では「業績目標管理(チャレンジシート)」を下記目的のために活用しております。

目的
・組織の中で自分に要求される能力を再確認することができる
・長期的な能力開発を自ら計画できる
・目標達成するための問題点・課題を明確にして具体案を作成するプロセスの再確認ができる
・上司が部下の長期的な希望・目標を知り、具体的な支援・アドバイスができる
・期中の上司との面談により、目標達成への軌道修正をすることができる
・期末の総合評価により自らの能力開発の結果を認識できる


経済産業省知財スキル標準を適用した等級制度
経済産業省が研究開発した「経済産業省知財スキルの標準」を採用しています。
これは、企業における知的財産の創造・保護・活用に関する諸機能の発揮に必要とされる
個人の知財に関する実務能力を明確化・体系化した指標であり、知財人材マネジメントツールです。
この等級制度の採用により、お互いに切磋琢磨できる環境ができ、企業力の向上へつながります。

機能「実行」担当
実行担当
レベル 定義 役割 等級
レベル5 経営上の課題を発見し、あるいはその課題に対して
多角的な視点で様々な解決策の提案ができるレベル。
担当部長、課長 技師・
主事
レベル4 業務上の課題の発見と解決を主導するレベル。
下位のレベル者に対して指導ができるレベル。
係長 技師補・
主事補
レベル3 業務上の課題の発見と解決を自律的に行えるレベル
(他者との適切な連携を通じて解決できる場合を含む)。
担当 一般
一級
レベル2 業務上の課題を発見し、上司の指導の下で
その課題を解決でき、一部は自律的に解決できるレベル。
担当 一般
二級
レベル1 業務上の課題を発見し、上司の指導の下で
その課題を解決できるレベル。
担当(新人) 執務

機能「戦略」担当
戦略担当
レベル 定義 役割 等級
レベル3 戦略の執行を統括できる 最高責任者(執行役員)
及び権限を委譲された者
理事
レベル2 主体的に戦略を執行できる 企画責任者(事業部長) 参事
レベル1 戦略の執行を補佐できる 企画担当者(部長) 副参事

専門職「行動」担当
専門職 定義
プロジェクトマネージャ 情報システム開発プロジェクトの責任者として、 プロジェクト計画の作成、要員などプロジェクト遂行に必要な資源の調達、プロジェクト体制の確立及び予算・ 納期・品質などの管理を行い、プロジェクトを円滑に運営するレベル。
プロジェクトリーダー プロジェクトの実質的作業の運用責任者のことを指す。 責任を担っている作業を予定通り、適切に実施するため、スケジュール管理、メンバーの人員管理、モチベーションの維持など、 プロジェクトの現場での推進役として役割を果たすレベル。
ITアーキテクト 組織の情報戦略に基づいて、ITシステム全体のアーキテクチャを設計するレベル。
スペシャリスト 業務上での他者との明確な差別化の要素となるような、 特定の分野に関する深い知識や専門的な技術を持つレベル。

スター制度

■仕事の成果を称賛する環境作り
イーテクノの社風にある、「仕事の成果は賞賛すること」を皆で
実践するための制度です。
それぞれが他社員に対して認めた活躍を、スターを用いて褒めあう
文化に発展させていきたいと考えております。
なお、スターを授与された社員は「スター認定」が発行され、
全社員に通知されます。




資格取得支援

■受験料負担制度
・情報処理資格受験料を1回分負担する

■資格チャレンジ月間
・実務経験2年未満の方向け特別強化月間を10月に設けている

健康でいきいきと働くために

■有給消化率
国が掲げる有給消化目標:70%
当社のH26年度の実績:89.3%と国の目標より高い

■健康診断受診率
国が掲げる健康診断受診目標:70%
当社のH26年度の実績:96.7%と国の目標より高い

社員交流(親睦会)

社員同士の交流を図るために親睦会(とと会)を設立し、毎年社員旅行、スポーツ大会、
納涼会、劇場鑑賞など多岐に渡る企画を開催しております。

社員旅行_沖縄 スポーツ大会 社員旅行_草津
マザー牧場 忘年会 社員旅行_草津2
ページの先頭へ戻る